読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰でも大好き

DD。ハロプロ至上主義ですが、他も見ます。可愛い女の子はみんな正しい。

舞美さんの恋愛宣言

舞美さんは他のメンバーと違い、美容院に行ってもその名前は出さない。ヲタは美容師との仲を疑わなくて済む。

オフは家でお菓子を作るか犬と遊ぶ。出かけたときは女友達とだとわかる写真を上げる。ハロプロ外のアイドルとは絡まない。

黒髪にナチュラルメイク、服装もナチュラル。ピアス穴も開けない。ネイルも最近までしなかった。

とにかくファンを安心させ喜ばせることに余念がなく、そのためになにもかもを完全に律している人だと思う。自発的欲求を滲ませることはない。彼女自身がどういうヘアメイクやファッションが好きで、趣味はなんなのか、それはわからない。

日常生活についてだけではない。売れることや技術の向上すら、それ自体は目的ではないように見えた。ファンを喜ばせることが第一の目的で、すべてはその手段だというように。

所謂、一般的に「売れる」ためには、既存のファンから理解されない仕事も必要だったりするけれど、彼女は頑なにアイドルの領域に留まろうとしているように思えた。

よく「天然」とか言われているけど、本当に天然なら部分的に逸脱してしまうことがあるはず。天然なのではなく、徹底してアイドルたろうとしていたのだろうと思う。それも、さゆや桃子のように、「アイドル」を相対化した上で演じるのではなく、ナチュラルに同化しようとしていた。

なぜそこまでするのか理解できないのだけれど、恐らく、マインドが完全に体育会系なんだろう。与えられた環境/規律に従い、求められた結果を出すべく120パーセント頑張ろうとする。

彼女の優しさは奉仕に近いものなので、「相手のため」と教えられたことは「いいこと」になるのだろう。「次はないぞ」と言われれば「次はない」と思い、「ハロプロを卒業すれば恋愛だってしていくんだよ。それがゆくゆくはファンの人たちに取っても幸せなことだ」と言われれば「恋愛もあると思います、皆さんも幸せになってください」と言ってしまうんじゃないだろうか。素直なあまりイタコ化してしまう。

最近の言動が過去のそれと一貫していないかのような見方もできるけれど、これまでは「現役アイドル」を全力で体現してきたし、いまは「解散の決まったアイドル」として全力なんだろう。「求められていること」に忠実であるという意味では非常に一貫している。そういう意味では真のアイドルサイボーグだったのだな…と思う。