誰でも大好き

DD。ハロプロ至上主義ですが、他も見ます。可愛い女の子はみんな正しい。

℃-ute新曲に思う

誰のために私は今ここに立ってるか…
幼き日ただ大好きで歌ってたのは覚えてる
夢を抱いてたから
愛を感じてたから
真夜中でもすごい朝でも 逃げることはなかった
振り返るだけで涙が止まらない
途中で投げ出したんじゃ無いって信じてる
今となって断言出来る事は
「よく頑張った」って言う事
家族に結構当たったりしたけれど
幸せだった瞬間がありすぎる

公開されている範囲の歌詞を見る限り、現在の℃-uteに対しての全面的な讃歌ではないように感じる。何かこの卒業に関して思うことがあるのだろうか。やりきった満足感よりも、立ち止まって自問自答せずにはいられない心細さが滲む。

「誰のために今ここに立ってるか」「逃げることはなかった」という表現には、他者の存在が色濃い。ライナーノーツでも「優等生ゆえの義務感でなんとか乗りこえてきてくれた」「誰かのためや、事務所のため、親のため、ファンのため、自分じゃない何かのために歌うのではなく」との言及があったように、自主性の薄い描かれ方になっている。

思えば「Summer Wind」の主人公も、「笑顔とため息 ねえどっちも私よ」「押し付け決めつけ 全部愛じゃないエゴだよ」と相手の干渉に辟易しつつも、助手席には座る。「大人なのよ!」でBerryz工房が「そんなの私に押し付けないで」とひとりでドライブに出かけるのと対象的である。
つんく♂さんが作る℃-uteの歌には、優等生であるがゆえに、自分を抑えて相手に従ってしまう人物像が投影されがちなのかもしれない。

また「途中で投げ出したんじゃ無い」という表現の強さも気にかかる。心の底からそう思えていたら、「途中で投げ出したんじゃ無いって信じてる」とわざわざ言及はしない。僅かだとしても迷いがあるからこその台詞なのでは。そしてその迷いを打ち消すように、「よく頑張った」んだからと自分に言い聞かせているような展開である。

 

トリプルA面の「Singing」以外の2曲、つんく♂作ではない「愛はまるで静電気」と「夢幻クライマックス」はもっとシンプルに℃-uteのイメージを打ち出してくる。この2曲は曲調こそ正反対であるものの、歌詞はかなり似通っている。

いつも褒めてくれた叱ってくれた
きっと楽になるし寂しくなるね
忘れないでいてね 憧れていてね
朽ちない面影

あんな 小さかった私を
見つけ出してくれてありがとう


愛はまるで静電気 時にはピリッと叱ったり
長くて短くて恋しくて 他にはいないのよ

ただ ただ あなただけ
明日も明後日もずっとずっと
忘れないでいてね お願い約束よ

Berryz工房のラスト2曲が「忘れないあの日の歌」「忘れないわ今日までの素敵なこの道を」と、「忘れない」の主語は自分だったのに対し、℃-uteは「忘れないでいてね 憧れていてね」「ずっとずっと忘れないでいてね お願い約束よ」で、「忘れない」の主語は相手である。
また、「叱ってくれた」「時にはピリッと叱ったり」と、叱るという行為は感謝すべきものとして描かれ、そこでも自分は主体でなく客体となっている。
ファンを喜ばせることを主眼に活動してきた℃-uteらしい曲とも言える。これだけの功績を残しておきながら「忘れないでいて」と縋る自己評価の低さも℃-uteらしいと感じた。

 

この2曲もつんく♂曲も、どちらも主体よりも客体たらんとする℃-uteを描いているけれど、そのことへの疑問の有無に違いがある。

アイドルなのだから、客体であることはひとつの正解である。自分を抑えて相手の満足のために尽くす。そうやって℃-uteはチーム℃-uteとの絆を育んできた。「愛はまるで静電気」と「夢幻クライマックス」はそれを讃え、その構図のまま幕を下ろそうとしている。でも、つんく♂さんとしては、自分のために歌ってほしい、主体的であってほしいという想いがあり、現状に対して歯がゆさを感じているのではないか。

 

誰にとっても自分のために生きるのが幸せということはなく、他人のために生きる方が喜びを感じられる人もいるだろう。そもそも、喜ばせたい、好かれたいというのも立派な主体性だとも言える。
ただ、万が一、あまりに幼い頃から芸能活動をしていた彼女たちが、そのせいでファンからの承認に依存してしまっているのだとしたら不幸なことだと思う。つんく♂さんもそこを心配しているのかもしれないと思った。

モード感想(ネタバレあり)

アンジュルム×フェミニズムなんてこれは見逃すわけにはいかないと、無理を押して行ってきた。

f:id:ayayahp:20161018180937j:image

内容は想像以上に攻めていて驚いた。女の子に白いワンピースを着せたがる男性を批判的に描くなんてことが、アイドル主演の舞台で許されるとは…!いつも着せられてるじゃん!?男性ファンがどういう気持ちで見るのか、それ以上に本人たちがどういう気持ちで演じているのかも気になる。

 

話の筋としてはシンプルすぎるし、粗が目立つと言えばそうなんだけれど、ストーリーを通して明確なメッセージを伝えるというよりも、場面場面にフックを仕掛け、演者と役とのシンクロ又はギャップを利用しつつ観客の心に印象を残していくという手法なのかなと思って見ていた。全員に見せ場を作らねばならなかったにしては、大きな破綻なくまとまっていたと思う。考えさせられるシーンはいくつもあったし。

 

ラスト近く、副編集長が撮影を冷やかしに来るシーン。「私がスタイリングしました」と得意げな華子に、「モデルが余計なことするな」「白いワンピースとか水着とか、着物のはだけたやつとか着て」「女は黙ってニコニコしてればいい」。副編集長は嫌な奴のように描かれていたけど、あんな風にセクハラされたり、女だからってバカにされることは、現代でも、普通の会社員でもいくらでもある。怯えて抱き合う愛子たちの姿に泣いた。よくあることだからって、全然平気なんかじゃない。嫌なことなんだよ。すごく。いままでずっと平気なふりしてやり過ごしてきた痛みが蘇って、涙が止まらなかった。

このシーンでのあやちょの横顔の演技は素晴らしかった。脚本的には弥生の人間性はそう書き込まれているわけではないのに、横顔だけでその強さも弱さも全て語ってしまう、あやちょの説得力。

かっさーが加入した時、セクシー担当みたいな扱いで、ハロプロメンバーもおしりがどうこうみたいなコメントを出してる中、「中学生なんだからそういうのやめてください」と怒ったあやちょが、このシーンでの弥生に重なった。消費されることに慣れない強さ。

 

りかこかっこよかった!大きな動きの多い役なので、りかこの美しい肉体が躍動する様を堪能できた。劇中歌も最高。りかこに「私には誰より素質がある!」って歌わせてくれた方にお歳暮を贈りたい。歌声がとても良くなっている。自分の声質にあった歌い方を見つけた印象。

演技はもっと荒削りな感じかと思っていたけど、場面が進むにつれ、感情の移り変わりに合わせて目の表情が変わっていって、こんな繊細な表現もできるのかと驚いた。スポットライトも当たっていない舞台の奥からでも、華子はいつも美智子を見ていた。その目が、最初は目下の人間を見るような余裕に満ちていたのに、だんだんと憔悴が滲み始め、憎しみに燃えるようになる。そこから一転して、美智子を認めた場面では晴れ晴れとして曇りのない、それでいて力強い眼差しに変化する。台詞以上に雄弁なその表情から目が離せなかった。最後に「みちこ”さん”!」って体育会系の素を出すところが可愛くて和んだ。

 

かななんには驚いた。演技がうまい…!立ち姿が美しいというのもあるけど、普通に外部でも舞台女優としてやっていけるのでは。

りなぷーかわいい。かわいい役なのでかわいいのは当たり前なんだけど、かわいいだけじゃない。黙って後ろから他の人を見ている時の、頬杖をついた表情の雄弁なこと…あのシーンの写真欲しい…

かみこは達者だね…演技も歌もクセがまったくなくて、素直にきれいにこなしていた。初のつんく♂ノータッチの歌姫になるんじゃないだろうか。

あいあいは飛び道具的な役どころだったので評価が難しいけれど、とにかくスタイルが抜群。女中なのにどのモデルより脚が長い。

タケの演技がよかった。タケじゃないのに自然だった。 

むろは普段のキャラと一番遠かったのでは?途中で意識の変革もあり難しい役どころだったと思う。美智子に合わせる柔軟性もありつつ、軽率に見せてはいけない。むろの長所である女の子らしさは消しつつ、人の善さは活かしていてうまかった。

かっさーはポージング?がうまかった。腰の切り返しに身体能力の高さを感じる…!演技も歌も新人とは思えない安定感。彼女も半年後には主演できる器だと思う。

 

残念だったのは衣装面。せっかく衣装がかわいいのに、女性陣がいつもぺたんこ靴なのもったいなかった。どうせむろやタケとの身長差は逆転しないんだから、割り切ってヒール履いちゃってもそんなにおかしくなかったと思うけどな。華子や弥生のキャラでハイヒールじゃないってことはなかろう…。あと着物がカジュアルすぎる、結納であんなの着るわけない。

 

ゼロホールは大変狭くて、かななんが真後ろで踊った時にはいい匂いがしたし、りかこのまつげの一本一本まで見えたし、なによりりなぷーのBCG!!!!

 

アンジュルム秋ツアー

アンジュルム秋ツアー@京都FANJ、昼公演。

全編アンジュルム曲ということで大変テンションが上がる。スマ曲は大好きなんだけれど、今のアンジュルムの魅力を最大に引き出せるのはアンジュルム曲だと思うし、あまりに世界観が違いすぎて、セットリストにつながりが出なくなるように思う。

 

カバー曲は邪魔になるんじゃないかと思ってたけど、りかことかっさーの組み合わせに今日一番テンション上がった。この2人のサイズ感ちょっと最高じゃない?戦う肉体って感じで大変良い…正拳突き素晴らしかった…このまま2人ともすくすく育って、強く美しいシンメになってほしい。

 

りかこ本当にかわいくてかっこいい。どこが好きって生命力みなぎる体幹が好きなんだけど、腕や脚もエネルギーに満ちていて素晴らしい。命の美しさを感じる。

かっさーとんでもなかった。殺し屋の目からふっと微笑んで少女に戻り、次の瞬間には妖艶にと、表情の魅せ方が何パターンもあるだけでなく、ちゃんと曲に合わせて使い分けていた。ダンスも歌も十分に即戦力。最近の研修生はすごいんですね…

かみこは完全に新人の域を脱していて恐ろしい。猫背も治りつつあるし、歌も音程はもともと安定していたところへリズム感もよくなっている。表情がすごい。覇王!

あやちょは本当にとにかく美しい、特に腕と首のつき方が美しい。人間離れしている。仏像とかに近い。

 

途中で倒れてしまったお客さんがいたんだけど、パフォーマンスはそのまま乱さずやりきって、曲が終わったら「皆さん体調には気をつけてくださいね、辛かったらゆっくりしていいですからね」と客席に声をかけるあやちょの頼もしさ。エキセントリックなように見えてむしろすごくまともな人だと思う。

 

トークは半年前に比べて格段に安定感が出ていた。かみこという常識人の加入が大きいのか…?

ラストの挨拶でかみこが「私はこの会場は初めてだったんですけど、見にくい方も多かったんじゃないでしょうか。端の方とかも…」と気にかけていたのが印象的だった。活動始めて1年やそこらでそういう視点があるというのはすごい。

かっさーが冒頭では「京都でライブするのは初めてなので、私がどういう風にパフォーマンスするのか皆さんに知ってもらいたいです」と言い、締めでは「(ユニット曲が)思っていたよりうまくできたので、この調子でモチベーションあげていきたいです!」と言い、大変良かった。ちゃんと自分を正当に評価できるクレバーさと健やかさがある。

「今日は朝、出かける前にお母さんとケンカしたんですけど、ライブがすごく楽しくていま気分がいいので、謝ろうと思います!佐々木莉佳子でした!」中学生かわいいかわいい

アンジュルム新曲予約会

アンジュルム新曲予約会@洛北カナート。一応ライブ会場とはしごできる設定にはなっていたものの、そこそこ不便な場所だったのでお客さんは100人くらい?ループする人が少なくて驚く。

 

前の晩、突然りかこへの想いが募ってヲタTを自作した。なんだろう、こんなおばさんが血迷ってそんなことをしてしまうくらい、あなたはスーパースターなんだよって伝えたくなってしまった。

ニコ生で、「かみがやるからかわいいんですよ。かみちっちゃいし。うち大きいから。ちっちゃかったらからどうなってたのかなっ」と泣きそうになるりかこを見て、初めてアイドルに対して母性を感じた。あんなに、あんなに伸びやかで長く美しい手足で魅力的な体躯の持ち主が、身長コンプレックスだなんて!どれだけ美しくても中身は中学生女子なんだ…と衝撃を受けたし、自分は誰より魅力的だとわかってほしいと思った。そんなこと私に言われるまでもないのは重々承知の上だが、もし気持ちを伝えないままりかこが辞める日が来たら、私は後悔するだろうから。もともと彼女のことは大好きだったけれど、表立って推していくことを決めた。

 

握手の時、りかこはTシャツを見て「あ、かわいい!さっき見えなかった」って言ってくれた…。並んでいる時、こっちの方に変顔をしているのは見ていたけれど、あのとき私のことも視界に入れてくれていたのかと驚いた。子供のように見えてもプロのアイドルなのだ。握手後、後ろの方から見ていたら、合 間に両手でピストル作ってバーンってやってくれて、目の前が真っ白になった。完全に落ちた。

 

ゆかにゃ&さゆきハロショ大阪1日店長

当日9時半過ぎに、11時40分からの開催が告知された超突発イベントだったのだけれど、たまたま近所にいて参加することができた。

 

11時半に開店してくれてハロショ店内に入ることができた。この時点ではまだ7人。開始時間になっても20人弱くらい。

 

時間になって、奥のエレベーターから2人が降りてきた。紺色のポロシャツに茶色のパーカー。ゆかにゃはおさげでさゆきはポニーテール。2人ともレジカウンターに入り、ゆかにゃが会計、さゆきが商品の手渡しの場所に立たされて、店員さんか軽く説明を受けていた。

 

なぜかトップバッターになってしまい焦る。

店員「ポイントカードはお持ちですか」

宮崎「ポイントカード」

私「あっないです」

宮崎「ポイントカード…」

私「すみません」

店員「ファンクラブ会員証はお持ちですか」

宮崎「会員証」

私「…あれっどこに入れたかな…」

宮崎「出てこい出てこい会員証♪」

私「(動揺)すみません」

お金を渡し、お釣りを受け取る。ゆかにゃが柔らかくて小さな可憐な手で、そっとお釣りを置いてくれた。爪はジェルネイルかな、桜色に光っていて、本当に可愛い。

 

写真を待つ間は2人が話しかけてくれる。

高木「今日はお仕事お休みなんですか」

私「あったまたま病院で今日こっちに来ていて」

宮崎「遠くからいらしたんですか」

私「京都です」

 

ゆかにゃの写真1枚と℃-uteの集合写真を1枚買ったのだけど、それを机の上に広げられて2人から見られることに…

高木「(℃-uteの写真を指して)これかわいい!」

 

そのあと、さゆきが写真を袋に入れてくれたんだけど、

高木「ゆかが好きなんですね。さゆきでごめんなさい」

私「えっえっそんな全然、なんかすみません」

高木「いいんですよ(にこにこ)この写真のゆか可愛いですよね」

なぜさゆきの写真も買わなかったのか、10分前の考えなしな自分を殴りたい。

 

イベント時間は30分だったけど、なにせお客さんが少ないから、やろうと思えばいくらでもループできる。

2回目は「これから京都に帰られるんですか?」とか話しかけてくれて、完全に覚えられており、とんでもない空間だなとクラクラする。

3回目にコレクションリフィール?を買ったのだけど

宮崎「袋に入れるの苦手なんだよね…えい!ごめんね?汚くて」

すごい、妄想の中の人みたい、すごい

 

列が切れたところでレジのお仕事は終わり。

レジカウンターの中でゆかにゃが写真集を両手で掲げて「いま届きましたー!フー!」とハイテンションに表紙を見せてくれた。

中を覗いて「初めて見たー!キャー!」と目を丸くしたり、こちらにバッと開いて一瞬だけ中を見せ「フー♪」といたずらな表情をしたり、すごい。

「24日に入荷するので、大阪店に買いにきてくださいね」

完璧だ…。

 

最後に「たくさん来てくれてびっくりした、1人でも来てくれたら嬉しいなと思ってたのに」「ライブに来てください」と挨拶して、ヲタの間を通って出口まで行き、タクシーに乗り込んで帰って行った。雨なのに窓を開けて「バイバイ!ありがとう」と手を振り続ける姿に感動した。

 

ハロショ大阪のツイッターに写真出てた。ゆかにゃの可愛さに怯んで傾いている私。

 f:id:ayayahp:20161018180540j:image

 

 

ハロコン広島

私は最近まで単独コンよりハロコンが好きだったし、舞美さんと出会ったのもハロコンなので、これは外せないと広島まで行ってきた。

が、正直、ラストだというのはピンとこなくて、みんなが涙をぼろぼろ流しながらがんばっちゃえを歌っているのを見ても、現実でないような気分だった。次がないなんて信じられない。

 

舞美さんはゆるく巻いた髪をおろして、前髪を捻って留めたスタイルで、白いブラウスに赤いタイトスカートをあわせて、それはもう綺麗で綺麗で…なのに可愛い曲では全力ではしゃいだりするものだから、ドキドキした。

 

アンジュがただただ楽しかった!猪突猛進良かった。勝田さんの「けもののようなはげしさー」は猫にしか見えない。かみこの成長スピードどうなってるの…ダンスと歌だけじゃなくてあの堂々とした表情、半年ちょっと前に初ステージだったなんて誰も信じないでしょ。あやちょが綺麗めな衣装台無しにはっちゃけていて可愛かった。

 

いつのまにか新生モーニング娘。が始まってた。卒業してしばらくは鞘師の席を空けておいてしまっているように見えて、正直物足りなかったけど、今日は文句なしにかっこよかった。はーちん元気そうになっててとても可愛い。客席降臨で間近に来た生田が美しくて固まった。生田は昔から、ステージで見るのと近くで見るのにギャップがある気がする。

 

つばきファクトリーが垢抜けて華やかになってた。歌も安定してたし。なんか明るくなった印象。小野さん?が写真で見るのと別人レベルに可愛い。ショートカットの岸本ゆめのさんがノースリーブのシャツにローライズ気味のパンツで五月雨美女歌ってるのやばかった。はまちゃんとシンメなのも最高だった。ショートカット本当にやばい。やばすぎてやばい以外の表現が思い浮かばない。

 

 

アイドルの寿命

女性アイドルは若くなくてはいけないし、独身でなければいけない。嵐は35歳になってもアイドルで女子高生にキャーキャー言われるし、V6は既婚のメンバーもいるけれどグループとしてまだまだ疑似恋愛の対象たり得ている。けれど、女性アイドルでそんな存在はいない。是非はさておき、そういう現状がある。

だから、女性タレントを長続きさせるなら脱アイドルを図っていかないといけない。熱狂的なファンだけを相手にするアイドルから、もっと広い層に訴求するアーティストに。そうすれば年齢を重ねても、結婚してもやっていける。

 

でも、℃-uteはアイドルからアーティストに舵を切っても大丈夫だ、という自信を、事務所も本人たちも持てなかったのではないかと思う。

個々のファンはずっと活動し続けてほしいと思っていたとしても、続けるための方向転換の試行錯誤が、総体としてのファンには受け入れられていないように見えたかもしれない。踊れるセットリストでないと批判したり、セクシーな曲を拒絶したり、変化を嫌う人は少なくなかった。アーティスト路線に変更して成功した先輩もいない。あややごっちんでさえファンを減らした。

握手しないと売れない現状から、ファンに手を離されたらやっていけないと思ったかもしれない。女性ファンが増えたとはいえ、セールスの多くを熱狂席な男性ファンに頼っているのはデータを見れば分かっただろう。結婚した諸先輩の動員数がどうなったかも。

 

個々のヲタが脱アイドルを許容する義務はないんだけれど、ヲタは狭量だという前提があった上でユニットを長期継続していくために、もう少し早くから事務所として打つ手があったのではという無念さがある。

短期的に利益が得られなくても、一般層向けの露出を続けないといけなかったのだろう。ヲタが離れてもやっていけるように、ヲタ以外の人気を得ていく必要があった。大事な時期に個別三昧だったのはきっと悪手だった。でも、そんなリターンの保証されない投資が出来るほどの体力は事務所になかったのだと思う。

48やジャニーズを見ていれば、アイドルが一般層にも訴求するためには喋れないと不利だというのはわかったはずなのに、頑なにトーク技術を学ばせなかった。いつまでも内輪向けのトークを、ファンが喜ぶからと「ぐだぐだ」と自認していながらも改善しようとしなかった。

地道に本業だけ頑張っていればいつか見つけてもらえるはず、という甘えた展望があったのではないか。

ただ、ここまで長く続いたのは事務所にとっても本人たちにとってもあくまで「結果」で、最初からそう計画していたわけではないのだから、中長期的に明確なビジョンがないのはやむを得なかったのかもしれない。